ダイレクトメールを送る際の反応率

ダイレクトメールを送っても受け取った側が必ず反応してくれるとは限りません。これは誰でも覚悟しなくてはならない事になりますが、全く反応をしてくれる事がなく終わってしまう場合もあります。これでは送った意味が全くありません。自分はどれくらいの反応率を得る事ができれば良いのかと言う事をしっかりと考えるようにしましょう。目指す反応率が決まっていればその数字を目指して取り組むことができるでしょう。あまりにも低い目標を立ててしまうとすぐに達成する事ができてしまうので、自分のレベルを上げる事は難しくなってしまいます。反応率の目標をたてる場合には最低でも30%以上を目指すようにしましょう。30%の反応率があれば売りあげにも繋がってきますし、さらに高い反応率を目指そうと頑張る事ができるはずです。目標を立てて取り組むようにしましょう。

ダイレクトメールにアンケートを入れる

ダイレクトメールの反応をしっかりと確認したいと言う場合にはアンケートなどを入れてみると良いでしょう。アンケートが返ってくる事によって反応があったと判断する事ができるので、非常に分かりやすく数字のデータを取る事ができます。またアンケートを手紙で返してほしいと言うと面倒に感じてしまう方が多くなかなか反応を見る事ができない場合が多いので、なるべく専用のメールアドレスなどを用意して、返信をしてもらうようにしましょう。そうする事によって素直な反応を見る事ができるので数字も徐々に正確な物になっていくでしょう。また質問もそれほど多くしないようにしましょう。意見などを聞きたいと言う事で多くの質問を記載してしまう場合もありますが、多すぎると全く回答してくれないと言う場合が出てくるので、多くても5個程度の質問にしましょう。

ダイレクトメールを定期的に送る

ダイレクトメールを送っている方にはセールの時期に送る方と定期的に送る方の2つに分かれます。どちらにもメリットとデメリットがあるのですが定期的に送った方が効果が徐々に高くなってくると言う事があります。しっかりと日にちまで決めて定期的に送ることによって、楽しみに待ってくれている方々が出てくるからです。ダイレクトメールが来たらすぐにチェックすると言う方が少しでも出てきてくれれば送っている意味も非常に多くなってきますし、これからも続けていこうと感じる事が多くなってくるでしょう。また定期的に送る事ができれば売り上げが高くなる日を予想することもできるようになるので、準備する事もできるでしょう。定期的にダイレクトメールを送っている事によって常連のお客さんが離れない事になるので、長く経営を続けていくこともできるでしょう。